初回限定 50%off!!  <<詳細はコチラ>>

寒い時に風邪でもないのに鼻水が出る理由は?

目次

鼻水が出る理由

鼻から吸った空気に温度・湿度を与えたり、外から侵入した菌による気道粘膜を保護するため!

実は鼻水は寒暖に関係なく1日に1リットル近く出ているんです。

そのほとんどは無意識のうちに飲み込んでいます。

冷たい空気を吸うと、人間の体は生理的に鼻への血流を増加させようと働きます。

それにより、鼻にある毛細血管が拡張され鼻の中はあたたかくなり

吸い込んだ空気も暖かくしてから肺に送られます!

乾燥した空気に対しても湿度を与えて同じように肺に送ります。

血流が増加したことで、鼻水を分泌する鼻腺などにも血流が供給され

鼻水の分泌が増加するんです!!

これによって吸った空気の温度や湿度を調節したり、外敵から守っているんです

しかし、風邪の場合は細菌を外に出そうと働いているので、暖かい部屋に入ったりしても

おさまらず、鼻水をかんでもかんでも出てくるんです。

鼻水を止めたい時におすすめのツボとは?

①迎香(げいこう)

場所:小鼻の両脇の部分

②鼻通(びつう)

場所:小鼻の少し上、窪んだところ

ツボの押し方

3秒押して3秒休む。これを1〜2分行います

1日に何回か行うと持続しやすくなります

習慣にすることで体質改善にもつながるので

ぜひ行ってみてください!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったら、Bianca鍼灸サロン 川崎をシェアしてね!
目次
閉じる