【新規限定キャンペーン】 効果を実感 鍼灸施術 60分 ¥5,500(tax in)  <<詳細はこちら>>

睡眠の質を上げる食材とは?

現代の睡眠事情

日本人の4割以上の人が睡眠時間が6時間未満と言われています。

睡眠時間が6時間未満の生活を1週間続けると徹夜した時と同じくらいの脳の働きになり

集中力の低下、判断力、決断力の低下、倦怠感、疲労回復の低下がおきます。

睡眠時間の確保はとても大切ですが睡眠時間が足りない今だからこそ

睡眠の質を上げてカバーしましょう

そして睡眠の質を高めるためには十分な栄養を摂ることがとても重要になります。

睡眠の質を上げるための栄養素とは

・トリプトファン

乳製品や青魚などに多く含まれています。

体内では生成できないため食事から摂取する必要があります

トリプトファンは睡眠の質をあげるために必要な

精神や感情の働きを落ち着かせる効果のあるセロトニンや覚醒と睡眠を切り替えるメラトニンを作る素となるもの

・グリシン

肉類や魚介類に多く含まれる栄養素でアミノ酸の1種

身体の末端に血流を促進する効果があります

身体の末端が冷えると睡眠の質が低下するため末端を冷やさないことが大切です。

・GABA

最近ではチョコレートなどにも含まれている商品もあり聞いたことがある人も

いるかと思います。

GABAは発酵玄米などに含まれており

抗ストレス作用や神経の興奮を抑える働きがあります。

多くの睡眠薬にもGABAの作用を強める成分が配合されていることから

睡眠の質をあげるためには必要な栄養素です。

・マグネシウム

マグネシウムは必須ミネラルの1つ

ひじきやわかめ、昆布などに多く含まれています

身体のエネルギーの素となる酵素を活性化させ生体維持に働きます。

筋肉の緊張を緩ませ神経を落ち着かせる効果があります。

これらの栄養素を普段の食生活に摂り入れて少しでも睡眠の質を高めて

気持ちの良い毎朝を迎えましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったら、Bianca鍼灸サロン 川崎をシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる