初回限定 50%off!!  <<詳細はコチラ>>

お肌の構造ってどうなってるの?

目次

お肌の基礎知識

美肌を目指す、保つためにはお肌の構造を知った上でケアをしていった方がいいと思いますので

お肌の基礎を解説していきます!

お肌は上から表皮、真皮、皮下組織と大きく分けて3つの層からなっています

表皮の働きは?

表皮は約0.2mmの薄い膜のことを言います。

お肌の一番外側にあり、外部からの異物などをバリアしてくれています。

表皮は5つの層からなっています。

①皮脂膜

皮膚の表面で汗と皮脂腺が混ざり合いお肌の潤いを保つ働きがあります。

②角質層

お肌のバリア機能で水分を外に出さないように保湿する働きや、

外敵から守る働きがあります。

③顆粒層

顆粒層も守る働きがあります。

特に紫外線などを奥に入れないためのバリアをしてくれています。

④有棘層

リンパ液が流れたり知覚神経のある場所です。

外から入ってくるものを異物かどうか判断し異物と判断した場合は

外に出そうとアレルギー反応を起こします。

⑤基底層

真皮を外敵から守り表皮と真皮の結合を形成したりする働きがあります。

真皮の働きは?

肌組織の大部分を占めています。

お肌をキレイに保つための成分がたくさん含まれています。

①コラーゲン

お肌にハリや弾力を持たし

表皮と皮下組織を支える働きがあります。

お肌の他にも骨などを構成するためのタンパク質の1種です。

②エラスチン

コラーゲン繊維を支えています。

ゴムのように伸縮しお肌の弾力や柔軟性を与える働きがあります。

③ヒアルロン酸

水をたくさん含みお肌の潤いをキープし乾燥を防いだり

クッションのような働きがあります。

④線維芽細胞

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの成分を作り出し

細胞分裂をすることで線維芽細胞を増やしたりコラーゲンなど必要な成分を

構成する働きがあります。

皮下組織の働きは?

皮下組織は衝撃を和らげるクッションの役割や

保湿機能も果たしています。

またエネルギーを蓄える働きがあります

最後に

いかがだったでしょうか。

お肌の構造を理解することで

今後のお肌のケアの参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったら、Bianca鍼灸サロン 川崎をシェアしてね!
目次
閉じる